> ニュース > 業界ニュース

自動旋盤加工における工具ロスの問題を解決するには?

2023-06-27


現在、自動旋盤マシニングセンタの自動工具交換装置(ATC)の工具交換方式には、工具ライブラリから主軸で直接工具を交換する方式と、マニピュレータに依存する方式の2種類が一般的です。これで主軸と工具ライブラリの交換が完了します。最初の工具交換方法は小型マシニング センターに適しており、工具ライブラリが小さく、工具の数が少なく、工具交換アクションが簡単で、ナイフなどの障害を見つけやすく、時間内に取り除くことができます。ナイフを変更する 2 番目の方法は、構造と動作の点でより複雑なものに属します。以下に、Xiaobian が解決策からナイフを変える最初の方法を紹介します。

1. 動的旋盤処理でマニピュレータをチェックし、ATC 工具交換のトラブルシューティング手順を実行し、マニピュレータを垂直限界位置で停止します。マニピュレータのアームにある 2 つのグリッパと、グリッパを支えているスプリングやその他の付属品を確認してください。問題はありませんでした。マニピュレータのクランプツールはしっかりと固定されており、マニピュレータが回転してもツールが脱落することはありません。

2. 工具交換プログラムを確認します。この障害は工具交換の過程でのみ発生し、他の動作とは関係がありません。自動工具交換プログラムを編集して繰り返し実行し、このプログラムを実行して本当の原因を見つけます。ナイフが落ちる。自動工具交換プログラムを次のように編集します: O0200~S500~M03~G04X3.0~M06~M99~%。

3. プログラムの実行中に、主軸工具のクランプが行われていない、またはクランプ動作がないにもかかわらずマニピュレータが回転し、工具が落下するという状況が発生しました。以前の工具交換シーケンス分析によると、スピンドル工具が所定の位置にクランプされ、工具の故障によって引き起こされるストローク スイッチの誤動作が発生しました。 PLC のラダー図を開き、トラベル スイッチ (入力は X2.5) を監視し、トラベル スイッチを繰り返し押して、20 回以上押した内 2 回 X2.5 が "0" 状態であることを確認し、X2 を確認します。 5は、押した後、「1」状態から「0」現象に2回移行することができず、上記の判断によれば、トラベルスイッチが破損していると判断される。このスイッチはOMRONZC-Q2255で、国内のCXW5-11Q1に交換しました。テストは正常です。 1週間経ってもオペレーターはまだナイフ落下現象があったと反省していましたが、もちろん発生頻度は低いので、ナイフの故障が完全に解消されていないことがわかります。

4. 工具のクランプ状況を確認してください。 主軸がずれて取り付けられている工具の現象解析から、主軸内穴の皿バネが工具をクランプして締め付けることができず、ツールの設置が適切に行われておらず、さらにはツールが設置されていないため、ツールが落ちてしまいます。スピンドル内部を分解したところ、数対の皿バネが破損していることが判明した。ということで皿バネを全て交換しました。試運転では問題はありませんでした。 1回シフトした後、ナイフは再び落ちました。

5. 障害のトラブルシューティングを 2 時間繰り返し、自動工具交換を数百回行います。最終的に欠陥が見つかりました。マニピュレータが所定の位置にない場合、スピンドルのツールが緩み、マニピュレータがナイフを掴めず、ナイフが落ちた場合、これは磁気誘導スイッチが所定の位置にあることを示します。